Helium History

  1. 2008年にカデル・エヴァンス(サイレンス・ロット)と共に開発され、彼のクライマーバイクとして設計されました。エヴァンスはRIDLEYの研究開発エンジニアに明確なメッセージを伝えました。
    「私がツール・ド・フランスで優勝するための自転車を作って欲しい。UCIが定める重量制限6.8kgに可能な限り近づけ、ただし過度な軽量化により剛性を犠牲にすることがあってはならない。」というものでした。

    エヴァンスのメッセージは成し遂げられ、Helium ISPはツール・ド・フランスの数週間前に正式に発表されました。
    エヴァンスはHelium ISPに乗り、伝統的なツール・ド・フランスに挑み個人総合で2位になりました。その年、UCI個人ランキングのトップ9位から落ちることはありませんでした。
    それがHeliumの素晴らしい軌跡の始まりでした。

    それでは、Heliumの美しい勝利をご覧ください。

  2. 第一世代Helium ISP(2008-2012年)

    2008年 ブエルタ・ア・エスパーニャ

    Heliumが実戦投入されて数ヶ月後に最初のスプリント勝利を収めました。
    当時はクライマーのために作られたバイクでしたが、すでにクライマーバイク以上の性能を発揮していました。グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(サイレンス・ロット)はブエルタでHeliumを使用しました。第9ステージは長い逃げの後にダビデ・レべリン(ゲロルシュタイナー)とのスプリント勝負で勝利しました。

    2011年 パリ~ニース

    トーマス・デヘント(バカンソレイユ)はワールドツアーレースで印象的な走りを見せました。
    パリ~ニースの第1ステージでは、イェンス・フォイクト(レオパード・トレック)とジェレミ・ロワイ(FDJ)と先行して逃げを打ちました。プロトン(集団)は完全に計算を誤り、最終的に先行している3名とのギャップを詰めることができませんでした。デヘントはゴール前200mでスプリントを開始し、ワールドツアーレースで初勝利を収めました。
    数ヶ月後のツール・ド・スイスでは、アタックを繰り返し、アンディ・シュレック(レオパード・トレック)のようなトップクライマーを振り切ってみせました。

  3. Helium SL(2013-2017年)

    Heliumシリーズの進化における大きな一歩でした。フレーム重量は軽量化とともに反応性を高めることに焦点を当て、特にBBの剛性アップをはかりました。

    2013年 ドイツナショナルチャンピオン

    スプリンターであるアンドレ・グライペル(ロット・ベリソル)は登りの多いコースレイアウトのドイツナショナル選手権を、ほとんど期待せずにスタートしました。アシストであるマルセル・シーベルグ(ロット・ベリソル)1人だけでは登りで集団をコントロールすることができず、レースは一瞬の油断も許されない非常に攻撃的な展開でした。それでも、グライペルとシーベルグはゴールまで残り30kmで最後の攻撃を阻止するため、ハイスピードで集団をコントロールしました。土砂降りの雨の中でグライペルは得意のスプリント勝負で勝利し、ナショナルチャンピオンを獲得しました。

    2014年 ブエルタ・ア・エスパーニャ

    ロード界の鉄人と称されるアダム・ハンセン(ロット・ベリソル)は2013年のジロ・デ・イタリアで素晴らしい勝利を収めましたが、さらにブエルタ・ア・エスパーニャ第19ステージでの勝利は非常に印象的でした。残り5kmで逃げている選手を吸収すると、ピーター・ケノー(スカイ)は自分が攻撃するタイミングが来たと思いアタックするも、追い上げてくるハンセンのスピードははるかに速く、他の選手も追いつくことができず独走態勢に持ち込みステージ優勝しました。
    https://youtu.be/DxBe_H3uoQ4

  4. Helium SLX(2017年~)

    その後、次世代のHelium SLXを開発しました。
    Helium SLXは更に軽量化され、よりハンドリング性能を高めました。また、快適性を損なうことなく、反応性も高めました。

    2018年 ストラーデ・ビアンケ

    ロードレースは人との戦いだけではなく自然との戦いでもあり、これが勝敗を分ける分岐点でもあります。
    レースの状況を知らせる全てのラジオ中継は、トリッキーで危険な砂利のセクションはこれまで以上に難しくなっていると放送しました。それを聞いたティシュ・ベノート(ロット・スーダル)はその危険なセクションのために体力を温存しました。ワウト・ファン・アールト(ヴェランダス・ウィレムス・クレラン)とロマン・バルデ(AG2R)は先行していましたが、ベノートはセクター10で差を縮め、最後のセクター11で攻撃を開始し、そのまま独走態勢に持ち込み優勝しました。

    2019年 ツール・ド・フランス

    第8ステージ、スタート直後からトーマス・デヘント(ロット・スーダル)を含む4人は、その日5回目の登りをこなし、ゴールまで55kmを残してメイン集団との間に4分ほどのリードを築きました。最後の登り(残り13km)の直前までに4分あったリードが1分弱に縮まる中、独走状態に持ち込んだデヘント。メイン集団からジュリアン・アラフィリップ(クイックステップ)が爆発的なアタックで飛び出し、ティボー・ピノ(FDJ)が合流。二人は最後まで追走を試みましたが、デヘントは決してペースを落とさずそのまま6秒差で逃げ切り優勝しました。
    まさにデヘントが最も優れたアタッカーであると証明された瞬間です。

  5. Helium SLX Disc(2020年~)

    今、Heliumは次のレベルに進化しています。ディスクブレーキが採用され、ケーブルをフル内蔵することでエアロダイナミックスは更に向上しました。高い反応性と剛性、そして快適性は引き継がれています。プロライダーたちの新しい最愛のパートナーが生まれました。

正規販売店Dealers List

Detail